冷却水量の測定

冷却水の流量は適正か
--精密な生産機器の冷却をアバウトな水量に任せていないか--

冷却水に関わる以下のような情況はありませんか。

●冷却効果が充分でない・機器間でばらつきがある

●生産機器の増減があった

●油圧成形機を電動機に入れ替えた

●冷却システムのランニングコストがかさむ

 これらの課題を放置したまま生産を継続すると、品質や生産効率が低下し、生産コストが上昇することになります。
冷却水は、その機器に最適な水量を確保することが重要なのです。しかし、腐食(錆)・スケール・スライムなどによる水量の減少や、過剰(過小)な冷却機器・ポンプの能力、 正しくない配管設計などの要因により、適正な水量が維持されていないケースが少なくありません。

不純物堆積による流量の減少

 管内への腐食生成物やスケールの堆積(【Fig-01】【Fig-02】)は、水孔径の狭隘化と表面粗さの増大の両方をもたらし、冷却水流量は大きく減少します。 【Fig-03】のグラフにより、厚さ1mm程度の堆積でも、流量は約80%に減少することがわかります。
流量の減少は、冷却能力を低下させ、一定の冷却条件を保つことが困難になり、製品の品質が不安定化する要因になります。

このテクノレビューは全2ページ>>

【Fig-01 スケールの堆積した温調機配管】
密閉式クーリングタワー水(130~135℃)を補給水として
6か月間使用後の温調機真鍮エルボ断面。

【Fig-02 スケールの堆積した塩ビ配管】
開放式クーリングタワー回路で5年間使用後の塩ビ配管断面。
面積が84%減少している。

【Fig-03 堆積物厚さと水孔表面粗さによる流量の変化】

このテクノレビューのPDFデータ>>
このテクノレビューは全2ページ>>
2010 Functional Fluids Ltd.   All rights reserved.
冷却水系の障害
二次冷却システム
省エネルギー
脱酸素による防錆
逆浸透膜による高度浄化水
難削材の研削
冷却水量の測定
冷却水の適正な温度と流量
UWT Cooling Unit (二次冷却システム)
O2-Free Air (冷却水系用脱酸素防錆装置)
RO-Water 800 (工業用純水製造装置)
Nitrogen Separator (窒素ガス発生装置)
O-N Separator (コンパクト窒素ガス発生装置)
Airy Touch (難削材研磨補助装置)
One by One Cooler (コンパクト冷却装置)
Plas Humid (湿度コントローラ)
Crean-Saving Air (クリーン・省エネコンプレッサ)
AD Feeder HSF-1 (適量樹脂供給装置)
Best FR (最適流量コントローラ)
MQ Clamp (マルチクイッククランプ)
SK6060H (冷却水系用防錆剤)
Tralfam Water (トラルファム・ウォータ)
Tralfam Therm Oil (トラルファム・サーモオイル)
Tralfam Tab (トラルファム・タブ)
Annealer (ナイロン樹脂用吸水処理剤)