脱酸素による防錆

逆浸透膜(RO膜)方式の原理と特長

 逆浸透膜(RO膜)は、海水の淡水化を目的として開発された分離膜で、生物の細胞に近い、半透膜という薄い膜に水圧をかけ、その逆浸透作用によって汚染物質をろ過します。 浸透圧とは、膜を挟んで水が濃度の低い溶液から高い溶液に移行するときの圧力をいい、浸透圧の逆に圧力をかけ水を濾過する方法が、逆浸透膜方式です(【Fig-03】)。
 逆浸透膜(半透膜)は、0.0001μmという超極小の穴を持っているため、水分子だけを通してそれ以外のほとんど物質を通しません。
 特長として、以下の点が挙げられます。

●イオン性、非イオン性を問わず、あらゆる不純物を除去できる。

●スケールの原因になる炭酸カルシウムやシリカ・カビ・細菌・農薬・ダイオキシン・トリハロメタンなど、イオン交換式では除去できなかった不純物を取り除くことができる。

●イオン交換式の700倍以上の寿命を持ち、水道水を原水として用いた場合、1日に800Lから1,000Lの純水を4~5年間供給することが可能。メンテナンス費用と手間を大幅に削減する。

それぞれの方式の比較

 以上のように、純水を生成する主だった方法を紹介しましたが、水の不純物を除去し、完全な純水を生成するには、性能・コスト・メンテナンスのすべての点で逆浸透膜(RO膜)方式が優れています。 この逆浸透膜方式を採用したのが、工業用純水製造装置RO-Water 800です。

このテクノレビューは全2ページ>>

【Fig-03 逆浸透膜方式】

【Table-01 各方式の除去可能な不純物】
不純物の項目は下へ向かうほど微細。

このテクノレビューのPDFデータ>>
このテクノレビューは全2ページ>>
2010 Functional Fluids Ltd.   All rights reserved.
冷却水系の障害
二次冷却システム
省エネルギー
脱酸素による防錆
逆浸透膜による高度浄化水
難削材の研削
冷却水量の測定
冷却水の適正な温度と流量
UWT Cooling Unit (二次冷却システム)
O2-Free Air (冷却水系用脱酸素防錆装置)
RO-Water 800 (工業用純水製造装置)
Nitrogen Separator (窒素ガス発生装置)
O-N Separator (コンパクト窒素ガス発生装置)
Airy Touch (難削材研磨補助装置)
One by One Cooler (コンパクト冷却装置)
Plas Humid (湿度コントローラ)
Crean-Saving Air (クリーン・省エネコンプレッサ)
AD Feeder HSF-1 (適量樹脂供給装置)
Best FR (最適流量コントローラ)
MQ Clamp (マルチクイッククランプ)
SK6060H (冷却水系用防錆剤)
Tralfam Water (トラルファム・ウォータ)
Tralfam Therm Oil (トラルファム・サーモオイル)
Tralfam Tab (トラルファム・タブ)
Annealer (ナイロン樹脂用吸水処理剤)