脱酸素による防錆

工業用純水の製造方法

 工業用純水を製造する主な方法には、イオン交換樹脂方式、中空糸膜方式、逆浸透膜方式があります。

イオン交換樹脂方式の原理と問題点

 イオン交換樹脂は、小さな球状をした合成樹脂です。球体の内部にイオン交換基と呼ばれる多数の手を持っており、プラス、あるいはマイナスに帯電した交換基に、 イオン性の不純物を付着させて水中から除去する方法がイオン交換樹脂方式です(【Fig-01】)。
 この方式の問題点として、以下の点が挙げられます。

●塵・砂・スライム・シリカのような非イオン性の物質、細菌やバクテリアを除去することはできない。

●効力がなくなった陽イオン交換樹脂と陰イオン交換樹脂は、再生すれば繰り返して使用できるが、大量の樹脂を必要とし、定期的なメンテナンスが必要。

中空糸膜方式の原理と問題点

 ポリエチレンとポリプロピレンの化学繊維でできたマカロニ状の糸を熱にかけて引き伸ばすと、極小の穴が無数に重なった中空糸膜ができます。 これを数千本束ねてフィルタとし、水を濾過します。壁面の微細な穴の大きさは0.1~0.01μmで、不純物・カビ・赤錆などを遮断し水を通す仕組みになっています(【Fig-02】)。
 この方式の問題点として、以下の点が挙げられます。

●溶解している鉄分・重金属類・塩分・化学物質・農薬・細菌・バクテリアは、ほとんど除去できない。

●トリハロメタンなどの有機塩素化合物に関しても除去力が弱く、使用当初は多少除去できるが、使用しているうちに次第に能力が落ち、カートリッジの寿命が終わる頃には、 ほとんど除去することができなくなる。

●目詰まりを起こしやすく、蓄積された汚れが逆流したり、水量が減って通水できなくなる場合がある。そのため、頻繁にフィルター交換のメンテナンスが必要。

このテクノレビューは全2ページ>>

【Fig-01 イオン交換樹脂方式】

【Fig-02 中空糸膜方式】

このテクノレビューのPDFデータ>>
このテクノレビューは全2ページ>>
2010 Functional Fluids Ltd.   All rights reserved.
冷却水系の障害
二次冷却システム
省エネルギー
脱酸素による防錆
逆浸透膜による高度浄化水
難削材の研削
冷却水量の測定
冷却水の適正な温度と流量
UWT Cooling Unit (二次冷却システム)
O2-Free Air (冷却水系用脱酸素防錆装置)
RO-Water 800 (工業用純水製造装置)
Nitrogen Separator (窒素ガス発生装置)
O-N Separator (コンパクト窒素ガス発生装置)
Airy Touch (難削材研磨補助装置)
One by One Cooler (コンパクト冷却装置)
Plas Humid (湿度コントローラ)
Crean-Saving Air (クリーン・省エネコンプレッサ)
AD Feeder HSF-1 (適量樹脂供給装置)
Best FR (最適流量コントローラ)
MQ Clamp (マルチクイッククランプ)
SK6060H (冷却水系用防錆剤)
Tralfam Water (トラルファム・ウォータ)
Tralfam Therm Oil (トラルファム・サーモオイル)
Tralfam Tab (トラルファム・タブ)
Annealer (ナイロン樹脂用吸水処理剤)